デリヘルも本番はNGですから

デリヘルは、風俗業の中でもやや異質な面があるために、一般的な風俗とは違った心構えというか、事前の知識が必要になります。

まずお店がないので、エッチする場所は自分で設定する必要があります。

とはいってもどこでも呼べるわけではありません。

倉庫とか、公園とかそういう場所はNG。

お風呂とベッドがある場所に限ります。

ですからホテルを用意するか家に呼ぶかです。

でも、その時の気分で呼ぶホテルを変えたり、仲良くなった子とは家でラブラブな雰囲気でエッチを楽しむ事が出来るので私は好きですね。

そんなデリヘルですが、まず場所が決まったらその場所代は自分で負担する必要があります。

なので、ホテル利用するならホテル代も予算に入れた上でデリヘルに電話しましょう。

ちなみに出張時の利用なら、ホテル代は自腹切る必要ないのでオススメです。

後は、料金は先払いなんで、おつりの出ないように事前に準備しておく事も大切。

その方がスムーズに次に移れるしスマートな印象になるでしょう。

あとは、デリヘルの場合は店でせずこっちのテリトリーに女の子を呼ぶので、気持ちがでかくなり本番をしたがる客もいます。

でもデリヘルも本番はNGですから、無理に求めるのはやめましょう。

風俗嬢に嫌われる客上位は、本番を強要する客だそうです。

スマートに遊ぶなら、本番は控える事。

デリヘルの中にも格付けがあって、格安料金で楽しめる大衆向けの格安デリヘルから、プレイ代金が10万円もかかる高級デリヘルまであります。

格安デリヘルの場合は、プレイ代が安い分女の子の取り分も安いため数をこなさないと稼げません。

だいたい多くの店では、女の子の取り分は4割=5割程度です。

格安デリヘルは、一回1万円程度だったりするので、取り分は5千円程度。

一日1~2人しか相手をしない子だと、日給1万円にも満たないのでかなり厳しいですよね。

指名がない時でも、待機所で待機していれば最低保証金を受け取れるところもありますが、たいして稼げないのにデリヘルで働く意味はないのではないでしょうか。

がっつりがっぽり稼ぎたいなら、高級デリヘルがオススメです。

高級デリヘルは、客単価が高いために、一日に2~3人の指名であっても、場合によっては一日5万円程度の実入りがあります。

アルバイトでこれだけ稼げる業種は他にないと思います。

もちろん高級な料金をとるだけあって、ある程度のルックスやテクニックは必要です。

ただし芸能人並みのルックスじゃなくても、ある程度化粧などでごまかせるので、わりと普通な子も働いていたりします。

一番大切なのは、お客さんの心をつかむ何かを持っている事。

見た目がいまいちでもトップクラスで活躍している子も沢山いるので、何か武器を持っている子が勝ち残れる、それがデリヘルの世界なんです。